(1)
イザナミを利用していて戦略が増えてきたときに、保有銘柄の「重複あり・なし」をストラテジ間で調整したいと思うようになりました。

サポートにも半年前くらいから要望として連絡はしているのですが、 なかなか実装されないですね。

例えば、逆張りと順張りは重複ありにするが、順張り同士は重複なしにしたらパフォーマンスはどう変わるのかとか調べたいのですが、現在のイザナミでは無理ですね。
結構要望多いように思うんだけど、そんなことないのかな?


(2)
それともう一つは、チャート上にどこの株価で仕掛けて、手仕舞ったのか、日足の上に仕掛けた株価位置に水平に矢印を出してほしいという要望もサポートに連絡しています。

これは、仕掛けが正しい位置で行われてるか?という確認ですごく意味があると思うんですよね。

ユーザー定義指標とか使うと、意図とは間違った位置で仕掛けていることもあったりして、これが厄介なのは「間違いに気づきにくい」という点だと思います。

この機能は初心者の人も重宝すると思うので、導入してほしいんですけどね。


(3)
最後に、これはイザナミの仕様のせいで混乱したのですが、例えば、「終値+3%」で逆指値で買いで仕掛ける条件があったとします。

この時、終値が20円だった場合、翌日は株価が20.6円を超えたら逆指値買いが発動します。

しかし、20.6円は小数ので、実際は21円で買いになると思います。そして、21円で買いとして計算されると思いますよね?

はい、そう思ったあなたは間違いです!

イザナミの計算だと上記は、20円で買ったこととして計算されます。

これもサポートに問い合わせたのですが、仕様だと言われました。そんな仕様はおかしいから直したほうが良いと返信しましたが。

なので、逆指値買いの戦略で上記のようにパーセンテージを含む位置で買うようなストラテジは、特に株価が300円以下の銘柄に対しては要注意です。

実際よりも、最低でも+0.5%くらい期待値がかさ上げされるので、「終値 < 600円」という条件を設定しているストラテジは、上記のイザナミのおかしな「仕様」のせいで、現実にはあり得ない株価で買うことになるので注意が必要ですね。

実際、販売されている戦略で「終値 < 600円」と条件設定しているものがあり、期待値分布をみると見事に低位株に行くほど期待値が上がっているという現象が。汗
その他の部分で使えるアイデアがあったので良いんですが。


なので、低位株だけやけに期待値が良いストラテジは、何かがおかしいと思った方が良いと思います。

私はこれでハマりましたので。汗