【本日の成績】
本日損益(評価損益含む): +70,055 円
8月損益合計(税引き後): -683,446 円
システム通りに実行したか?:Yes, we can !


↓ このブログがためになったらポチして下さい。またはもっと儲けたい方はこちらも参考に。

人気ブログランキングへ

今日のザラバはもっと損していたのですが、引けにかけて損が縮小しました。
損失なのにホッとしています。

損しているといじりたくなりますが、今日もシステム通りに執行できたのは良かったです。


昨日のコメントにも書きましたが、8月の順張りはアノマリーで成績が良くないようです。

私の2つの順張りストラテジも8月は他の月よりも成績が落ちていました。

あと2月も良くなかったですね。1月は良かったです。

こういう月は、ロットを落として、利益を取りに行くよりも損失を減らす防御の方が良いかなと思います。

なので、先日に順張りのロットを落としたばかりですが、今月だけあともう少し落としてみます。 

今は月間で損失なので、これを取り戻して少しプラスになれば今月は良いかな。

もう先月からマーケットというサディストにぼこぼこにされているので、ちょっと弱気です。
私はMではなくN(Neutral)なので全然気持ちよくない。


【本日の成績】
本日損益(評価損益含む): -4,536 円
8月損益合計(税引き後): -753,501 円
システム通りに実行したか?:Yes, we can ! 


↓ このブログがためになったらポチして下さい。またはもっと儲けたい方はこちらも参考に。

人気ブログランキングへ

今日もたちの悪い順張り狩りに遭いました。

相場が強くないと、ゴミ虫みたいな連中が順張り殺しをするんですかねぇ。

ロットを更に減らすか考えましたが、先日に順張りのロットは落としたばかりなので、もう少し耐えてみます。

それにしても、6月の英国のEU離脱で失敗してから全然シストレの調子が良くないです。
やばいなー。


≪追記≫
今日のバックテストをして気付いたのですが、何とシステムのルールの勘違いをしていて今日は損していたことが判明。
ルール通りだったら、今日は-5万円でした。
-33万円のミスになりました。オーパスワンが7本も買えるミスをするとは!
もう一度、Exitのルールを見返します。

ところで、オーパスワンでググったら、エノテカは2012年ビンテージが4.5万円、アマゾンは2012年が3.6万円でした。アマゾン恐るべし。デフレ隊長ですね。アマゾンだったら33万円でオーパスワンが9本買えます!エノテカよりも2本多く買えます。
以上、どうでもよい情報でした。


【本日の成績】
本日損益(評価損益含む): -382,874 円
8月損益合計(税引き後): -748,965 円
システム通りに実行したか?:No, I didn't ! 💀


↓ このブログがためになったらポチして下さい。またはもっと儲けたい方はこちらも参考に。

人気ブログランキングへ

少しだけ利益になりました。
8月は初日からマイナスだったので、ほっと一息です。


【本日の成績】
本日損益(評価損益含む): +252,725 円
8月損益合計(税引き後): -366,091 円
システム通りに実行したか?:Yes, we can ! 


↓ このブログがためになったらポチして下さい。またはもっと儲けたい方はこちらも参考に。

人気ブログランキングへ

やばいな。
おやじ狩り。ではなく、順張り狩りに遭っている気がする。

これまで順張りのロットは、バックテストのMaxDDでは許容できるくらいの大きさにしていたんだけど、体感的にはロットが大きすぎると感じていたので、今日からロットを下げました。

過去の結果でDDが戻ることが分かっている場合のMaxDDと、DDが戻るか保証されていない中でのMaxDDは意味がかなり異なるためです。


【本日の成績】
本日損益(評価損益含む): -224,595 円
8月損益合計(税引き後): -618,816 円
システム通りに実行したか?:Yes, we can !


↓ もっと儲けたい方はこちらも参考に

人気ブログランキングへ

月初から損失といのはきついですね。

しかも、裁量トレードゼロの道、なんて記事を書いた後にシストレで結構大きめの損を書くのはちょっと格好悪い気もしますが、仕方ないです。

厳しい状況は続いています。

1億円への道のりはまだまだ遠いです。


【本日の成績】
本日損益(評価損益含む): -394,221 円
8月損益合計(税引き後): -394,221 円
システム通りに実行したか?:Yes, we can !


↓ もっと儲けたい方はこちらも参考に

人気ブログランキングへ

なぜ裁量トレードをしてしまい、トータルで大きな損失を出してしまうのか。

今日は裁量トレードゼロを目指している私の教訓を書きます。

私は2014/2月からシストレを開始して以来、裁量トレード(システム通りにしなかったトレード)で 計-2000万円損しています。
これは裁量トレードをやってしまったときは、プラスでもマイナスでもほぼ全て記録しているので、この金額は結構正しいです。本当はたぶんもっと損失が多いですが。


■それで、裁量トレードを止めたい人へのアドバイスその1

『裁量トレードをしてしまったら、日付、銘柄、システム違反分の損益、理由、パターン(自分で分類する)をExcelに記録しておく。』


何でもそうですが、「見える化と記録」をすることで、自分の意思に反してやっていることがトータルではどういうことになっているのかによりよく気付けます。正しく気付ければ、直す方向にもっていけます。

記録することは目的ではないので、裁量トレードをやりたくなっても我慢するのが第一であることは言うまでもないです。

私は、一応裁量トレードは毎年減ってきています。


■アドバイスその2

人のやることは大抵は自分もやってしまうと思うので、私が裁量トレードで大損したパターンから書いていきます。これを他山の石として、これだけでも回避すれば裁量トレードで大ダメージを受けることは少ないのではないかな。

1. システムの逆張りで買うも、更に下げたため裁量でナンピンしてしまう。

はい、このパターンをやっている人は遅かれ早かれ大損します。
シストレやっている人ならバックテストのトレード利益を見ればわかると思いますが、逆張りはどこまでも下げる銘柄が5%~10%は必ず出てきます。
そのため、下げたからと言って裁量ナンピンしていると、全く反発せずに-40%くらい下落する銘柄を必ず引いてしまうんですね。
なので、逆張りの裁量ナンピンは最悪なので、うっかりやってしまう人はすぐにでも止めましょう。
止められないならば、せめて記録を取ってどれだけ損したかを見れるようにすれば止められると思います。


2. システムが売り指示を出しているときに売らない

これも、弊害が大きいです。
逆張りで裁量ナンピンしてしまっているときに、こっちのルール違反も加えてしまうと、最悪ですね。簡単に資産の30%は持って行かれます。

特に、翌日の寄付で売る戦略の場合、翌日寄付でGapDownすると戻りを待ってしまって売れなくなるときがあります。そういうときは大抵はGapDownの後に更に下げます。

これは順張り、逆張りのどちらでも結構な損失になるので、システム通りに売るべき時に売れない人は記録して克服しましょう。


以上の他にも、私は20くらいシステム違反をしてしまったパターンを記録しています。


結論から言うと、システム通りに100%実行できればこんな記録とか必要ないんですけどね。笑

今の私は、システムは人智を超えた神の声として、100%実行できるように訓練することが私の務めと考えています。

上記の「1」のパターンは割と早く気付いて、最近は一切やらないようになりましたが、「2」のパターンは最近気づいて、「売るべき時に大幅GapDownでも成行で売る。S安になっても売る。」と気づきました。

はじめからシステム通りにすんなり従える人は、とてもシストレの才能がある人だと思います。
タートルズでうまくいく人、そうでない人の差みたいな感じ。


最近、キー坊さんがブログをお休みしているようなので、私が少しでもキー坊さんの代わりにと実のある記事を・・・、全然代わりになっていないけど。笑
実のある記事を書くのって時間がかかるぅぅぅ。


↓ この記事がためになったらポチして下さい。またはもっと儲けたい方はこちらも参考に。

人気ブログランキングへ

利益と言っても、損失確定によるこれまでの利益の税金の還付が大きいです。

まあでも、トレードも一応利益にはなりました。

って思っていたら、今日が今月の最終日ではないですか!

今月は大負けだ。


【本日の成績】
本日損益(評価損益含む): +524,127 円
7月損益合計(税引き後): -1,430,416 円

 
↓ もっと儲けたい方はこちらも参考に

人気ブログランキングへ

ブログ開始以来最大のピンチかもしれないです。

こんなに負けるとはやばいな。


【本日の成績】
本日損益(評価損益含む): -625,947 円
7月損益合計(税引き後): -1,954,543 円


浅上藤乃 「曲がれー!!! なんて人。腕を潰したのに。どうして止まらないの。」

両儀式 「いまのは、まずいな・・・。」


【本日の成績】
本日損益(評価損益含む): -1,349,401 円
7月損益合計(税引き後): -1,328,596 円


↑このページのトップヘ